忍者ブログ
2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

リスト『3つの演奏会用練習曲』より「ため息」 バイオリンとピアノデュオ

以前作ったものですが、アンコールとか、ミニコンサートとか、なんかちょっとパアッとした曲が欲しいなという時にいかがですか。

リストの演奏会用練習曲第三番「ため息」と言われてる曲で、ピアノ用ですが、少し真ん中部分をはしょって、さくっと演奏出来るようにしました。
簡単だけど、演奏映えがする便利な曲です。

ピアノ伴奏は難しく見えるけど、実際はそこまでないです。
D♭(変ニ長調)が苦痛な人の為に、半音下げてハ長調バージョンもあります。
ピアノ伴奏部分はあまり細かくこだわらず、音が多少抜けようが何しようが、気にせず、それよりソリストの邪魔をしないように、柔らかく柔らかく弾いてあげる方に集中した方がよろし。ソフトペダルがんがん使っちゃおう!

バイオリンじゃなくても、勿論フルートその他なんでもOK!チェロとかも合いそうだなー。部分的にメロディを適当にオクターブ下げて、ヴォカリーズでするのも面白そう。
ただ、ハ長調バージョンの最後のカデンツァのフレーズは、バイオリン向きなのでてきとーに変えて下さい。


D♭(原調)ピアノ伴奏付き
ダウンロード(pdf)

バイオリンパート譜
ダウンロード(pdf)

ーーーーーーーーーーーーーーー

C(半音下げ)ピアノ伴奏付き
ダウンロード(pdf)

バイオリンパート譜
ダウンロード(pdf)

ーーーーーーーーーーーーーーー

試聴できるサイトはこちら

リストらしい、綺麗な曲です。左手右手が入り乱れながらというのもリスト的。
リストは「メフィストワルツ」と、「悲しみ」をちょろっとしか弾いた事ないんですが、一番好きなのは「忘れられたワルツ」かな。「エステ荘の噴水」も素敵です。リストらしいアルペジョのオンパレードで、そこまで難しくないけど派手派手に聴こえるのがいいなあ。

リストの演奏は、ピアニストでは、やっぱランラン様が一番かな。ポリーニもよかったけど、ランラン様のがテクニックこれ見よがしでカッコいい!まるで曲芸的テクニックで、空いた口が塞がらないような演奏です。スカッとします。

日本人では小菅優さんが一押し。アンコールでよく「鬼火」を演奏されるそうですが、私はあの曲は譜読みして頭爆発しそうになりました。ぜーったい無理!小菅さんはあの難曲を、小鳥のように軽やかにさらーっと弾いてました。小菅さん大好きです。


ランキングに参加しました。少しは楽譜役にたったなあ、、と思われた方は、是非クリックしていただけるとすごく嬉しいです♪またはりきって作ります〜♪
blogram投票ボタン ありがとうございました!

拍手[2回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
ブライア
性別:
女性
職業:
音楽関係
趣味:
音楽
自己紹介:
長崎の音楽教室ネットワークです。講師は現役ミュージシャン。自身の演奏経験をレッスンに活かすことをモットーにしています。
ピアノ、フルート、声楽、バイオリン、ドラム等。長崎市(西海方面)諫早、大村、佐世保。
皆フレンドリーな講師ばかりです。普通の教室じゃ物足らない方、お友達感覚で遊びに来てくださいね。
左:保坂奈月 右:福江豊
長崎市民FM「メトロノームカフェ」。ゲストはギターのゆー坊。もう一つの動画は先週放送、テーマはコンクール。ブログを見るときのBGM代わりに聴いてね♪
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31